子どもの早期教育に良い絵本の読み聞かせ方

読み聞かせは子どもの早期教育に効果的といわれますが、「やり方を間違うと意味がない」という説もあります。
では、正しい読み聞かせとはどうすれば良いのか、具体的な方法を説明していきます。
1つ目のポイントは、同じ絵本を何度も読み聞かせることです。
読む側は同じものだとうんざりしてしまいますが、同じ内容でも省略せずに読んであげましょう。
なぜなら、子どもの脳は同じことを繰り返しながら成長していくからです。
何度も転びながら立ち上がるのと同じように、言葉も聞き続けることで覚えていきます。
また、値段が高いからといって、図書館ばかり利用するのはおすすめできません。
先ほど説明しましたが、子どもの脳の成長には繰り返しが重要です。
しかし図書館には返却期日があるため、本を返さなければいけません。
お気に入りの本を読んでもらえなければ子どもはがっかりしますし、脳の成長にも良いとはいえません。
図書館を利用するのは時々にして、お気に入りの本はいつでも読めるように買ってあげましょう。