教育者としての心構えや意識に関する話

子供を教え導くための教育者になるために努力することは正しいですが、努力の方向性を間違えてしまうと教育者として長くは持たない可能性が高いです。
というのは、子供を指導する真面目な教師がうつ病などの精神疾患にかかってしまうケースがあるからです。
真面目な方というのは適度に真面目ならうつ病になるほど追い込まれませんが、生真面目な方だと子供に向き合いすぎて精神がすり減ってしまうケースがあるので、適度に息抜きするくらいの余裕は持っておいたほうが良いでしょう。
今の時代、ネットなどの影響で子供も大人と同様に知識を持っていますし、ずる賢く立ち回る子供も存在します。
なので、それを大人は念頭に置いて子供に向き合うことが、第一に意識しておきたいことだといえるでしょう。
教育者というのは20代の若い教師もいるので、自分自身が未熟であることもあったりします。
教師だからといって、上から目線で傲慢な態度をとっていると子供から信頼されないので、謙虚な姿勢で子供と向き合うことが大切でしょう。